So-net無料ブログ作成

都市伝説 警察官の採用試験 [都市伝説]

警察官採用試験で筆記の一次試験をパスし、二次試験に進むと面接・体力検査がある。

その体力検査の最後に上半身は裸にされパンツ一丁にされる身体検査がある。そして関節の検査が始まるのだが、関節の検査とは無料出会い無関係な運動もさせられる。
大股を開いて行う運動や屈伸などがそれで、関節の検査に加え股間付近のきわどい部位を含めて、刺青をしていないかのチェックも行っているためである。

この試験風景は隠し撮りによって録画されている場合があるらしく、身体検査を含む試験風景を収めた映像の使われ方が気に掛かるところである。
また、とある県での採用試験体力検査では試験官が竹刀を持って現れ、どういう意図があるのか不明だが大声で叫んだり威嚇しながら試験をやらせるという。

そして普段抑圧されていることもあり圧迫面接のつもりか、ここぞとばかりに試験官が威張り散らし脈絡の無い説教を始めたり、女性にはセクハラまがいの質問もあったとされる。

また家族に共産党の関係者や赤旗の購読者がいると警察官採用試験には必ず落ちるという噂もあり、事実公安の監視団体高額逆援助の一つであり購読者リストは公安が握っている。
身内に新聞購読者がいる人物を採用し、何か不祥事を起した場合は採用した人間(面接官など)の責務が特別重く問われるらしく、面接官は購読者家庭の者を敬遠せざるを得ないという。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。